スポンサーリンク

初めての民間カウンセラーさん

教育相談室で
カウンセリングを
受けていて、
子供の育て方、
自分の気づき が
沢山ありました。

言葉にできず、
ただただ泣くばかりの時も
ありました。

カウンセラーさんの
すごいなと思うことは
私が言いたかった事を
1割しか話せなかったのに、
腑に落ちる言葉で
拾ってくれて、
言葉にしてくれる

そう!それが
言いたかったんです!

という経験を沢山しました。

わかってもらえた!
って思えると
とても嬉しくて、
満足しました。

先生はどうして
私が言いたいことが
わかるのですか?
凄いですね。
って。

すると先生は、

いやいや何を言っているん
ですか。
あなたが私に教えてくれたんですよ。
って。

あの人たちは、
私の欲しい言葉を持っている!!
そう思いました。

そんな話を泣きながら
しています。

傍から見たら、ちょっと
不思議な世界ですね。

でも、私、
やっと泣けるように
なったんです。

あふれてくる涙。

自分の為に泣く。

浄化の涙。

泣けることはよい事。

私は今まで、
泣くことさえできないほど、
自分を閉じ込めて、
自分で自分の体までも
傷つけてきた人でした。

カウンセリングの度に
そんな体験をして、
どんどん変わる経験を
していました。

いい意味でも。
悪い意味でも。

そんな経験を
積んでいるうちに、
子供の できないこと に
イライラしなくなって
きたり、
心配な気持ち、
不安な気持ちが
湧きにくくなってきて
いました。

無意識に気にならない!

でも、ある日から
ずっとモワモワ モワモワ
するばかりで
停滞感を感じていました。

こんな中途半端な状態で
私は終わってしまうのか?
とういうなんとも変な感覚。

そこで、初めて民間の
カウンセリングを受けてみる
事にしました。

費用も少し奮発しないと
いけない金額でしたし、
子供の児童手当から
少しお借りして、
(子供達、ごめんよ。
 後で返すから)
主人には内緒で
申し込みをしました。

子供が学校に行けるように
ばかりに意識が集中して
しまうと、子供が親の顔色を
伺って、ゆっくり休む事さえ
できません。
自分の成長にコミットして
その為に必要なカウンセラー
さんを。。。
という事でお願いしたのが、
山根 貴子先生でした。

山根先生は、
ご自身のお子さんが
不登校を経験し、
カウンセリングによって
子供たちが学校へ行きだし、
ご主人様との関係性が
とてもよくなったという
経験を元に、ご自身が
カウンセラーというお仕事を
始めることになった
という経歴の先生です。

民間の心理カウンセラーの
資格をお持ちで、
TAW心理学という論理を
勉強されたとの事でした。
(ほかの心理学も沢山
勉強されていたような気も
しますが、先生ご自身は
TAW心理学で、あっという間に
いろいろな事が
解決していってしまった
そうです)

実際にカウンセリンへ
行ってみる

メールで申し込みをしました。
いろいろなタイプの
カウンセリングコースが
ありました。

グループカウンセリング。
スカイプカウンセリング。
個別カウンセリング。

私は、ほかの人に自分の
話を聞いてもらえるほど
気持ちがオープンでは
なかったので、
個別カウンセリングを
申し込みました。

費用は、90分
3万円!!

約束は、東京、青山の
某マンションの一室でした。

初めての人でも
迷わないように、
かなり親切に場所案内
のメールをいただきました。

方向音痴の私でも、
ほぼ迷わずに
その場所を見つける事は出来ました。

マンションの入り口は、
ちょっとしたホテルのフロント
の様な雰囲気でしたが、
エレベーターにて
指定された階へ上がっていくと、
都営住宅の様な雰囲気で、
同じ形の同じ鉄の扉が
ずらっと並んでいました。

指定された番号のお部屋まで
行くすがら、扉にかけられた
看板を見ると、
会計事務所や
法律相談所、
占いの部屋等々
色々な会社が
個別経営の事務所として
使われているような
マンションなんだという
事が、分かりました。

先生との初対面

とってもとーっても
緊張しながら、
インターホンを鳴らしました。

顔を出してくださったのは、
すらっとした
笑顔の素敵な女性の
カウンセラーさんでした。

(怖そうな感じではなかった
 ので、ちょっと安心
 しました。)

お部屋の中はワンルーム。
セルフで飲み物も頂け、
白いテーブルにホワイトボード、
シンプルで落ち着いた雰囲気
のお部屋でした。

私の中ですでに出来上がっている
カウンセラーさんの
イメージは、寄り添う
というイメージでしたが、
先生の手法は全く違うものでした。

「えーっと。では、始めましょうか。
 まず解決したいことは、お子さんの
 不登校。と。で、あなたは何番目の
 お子さん?長女?自分の両親との
 関係は?」

といろいろ質問されます。

先生は、学校の先生の様に
フムフム、ああで、こうで、
こういう関係で。。。
とホワイトボードに書きながら、
内容を整理していきます。

そして、言われたことが、

「あなた、相当親を恨んでますね!
 そこを変えていけないと変わらない。」
でした。

「は?」
でした。

「子供には何も問題は
 ありません。
 あなたが、ご両親を
 特にお母さんを恨んでいる
 所を解決すれば、子供は自然と
 学校へ行きます。後で
 宣言文と修正文を送ります。
 取り合えず、やってみて下さい。」
と。

このTAW心理学は、
宣言文で大人の脳に自分が
変わっていきたい事を
告げ。
修正文で、子供の脳に
寄り添う。
という手法で、
自分で自分の潜在意識を
コントロールするやり方
なのかなぁと
私は解釈しています。

因みに私が頂いた
宣言文は。。。

『私は変わると決めた
 大人になると決めた
 病気に逃げることを
 やめた』でした。

これを昼間ブツブツと
唱えます。
脳にIN PUTです。

そして頂いた修正文は、
『あなたは自由がないと
感じていたんだね。
親や周りが勝手に決めて
しまった事に、とても
腹を立てていたんだね。
でもね、お母さんは
あなたの事を思っての
行動をしていたし、。。。

あなたはもう自分で自由に
自分の人生を作っていけるよ。。』
等でした。

3歳くらいの自分の
子供に、優しく、
諭すような感じで自分に語りかけて
寝ると効果があるとのことでした。

私は、ちょっぴり面倒臭がり
なので、スマホに録音して、
聞きながら寝ることにしました。

これで、1か月後、
子供が勝手に登校しました!
というお母さんがいらして、
(後日グループセッションで
 その方とお会いしたのですが、)
効果がある方は、どうやら
効果があるようです。

私は。。。というと。
恐らく。。。ですが、
自分の中に閉じ込めていた
怒りがあまりに強すぎたのか、
子供の事で気がめいっていてなのか、
ものすごい勢いで
体に重力を感じるようになり、
体が重くて重くて
やっとのことで家事をする以外、
動けなくなってしまいました。

恐らく、ここまで酷い
方は、ほとんどいないのではないかと
思いますが、私は、それくらい
親への怒りが強く、自分の中の
自分をなだめきれなくなって
しまっている感じでした。

禁断のマグマ 爆発です。
どうにもなりませんでした。

でも、ある意味、
子供とは
距離を置くことができ
よかったのかもしれません。

何せ本当に自分の事だけで
精一杯になってしまった
のですから。。。
お読みいただきましてありがとうございました

スポンサーリンク
おすすめの記事