スポンサーリンク

長男が体調を崩して。
学校へ行けなくなって。
出会ったカウンセラーさん
方を紹介したいと思います。

もし、興味がある方は、
ほとんどの方がメルマガを
配信されていますので、
まずはそこから関わって
みてはいかがでしょうか。
無料メルマガといっても
とても有益な情報を
下さる方々ばかりでした。

不登校の子供を支えるには
とにかく母のメンタルが
重要です。

子供がどうこう 
であっても、
自分がぶれない。

その為に
私はカウンセラーさん
の利用が必要でした。

教育相談室で
カウンセラーの
利用が慣れてくると
民間のカウンセリング
にも興味を持ち出しました。

民間でやっている
カウンセリングって
何度も通わなくていい
代わりに
お値段がとっても
お高いんですね。

その代わり、
速攻性は高い
というか。

お客様からの声
という事で、
1回のカウンセリングで
子供が自分から
学校へ行きだしました。
という感想なんかも
見かけます。

カウンセリング代は、
1時間から2時間で
3万とか相場かな
という印象でした。
私は、ずっとメルマガを
読みながら、
ここぞ!という時や、
自分ではもう、どうにも
ならない。
助けて!っていう時に
利用させてもらいました。

*30代からの
 キャリアウーマンや
 自立系女子を支える 
 カウンセリング
 根本 裕幸先生

*不登校専門
 お母さんカウンセラー
 売りは
 不登校は
 子供を変えるのではなく、
 自分が変われば
 子供は勝手に
 学校へ行きだす。の
 山根 貴子先生

*アダルトチルドレン
 宗教とアダルトチルドレンの
 類にも理解のある
 先生という印象です。
 アダルトチルドレン
 の症状を
 〇〇姫タイプ
 と分類して
 アドバイスしてくれます。
 因みに私は
 かぐや姫タイプ
 だったかな?(笑)
 高橋 リエ先生

*カウンセラーさん
 と分類してよいのか
 どうかわからない
 のですが、
 こちらも症状を
 タイプ別に分類。
 傷の深堀一切なし。
 でも、変われます!
 というのが売り。
 外国人ドライブ
 宇宙人ドライブ
 日本人ドライブ
 という分類で、
 持っている癖を
 分類し、
 自分との付き合い方
 他人との付き合い方を
 楽にする
 イメージの入れ替え
 という事を
 してくれます。
 因みに私は
 
 正真正銘
 宇宙人ドライブでした。
 
 不登校のお母さんへの
 理解もあり
 ご自身も元教師で
 現お母さんでいらっしゃる
 ので、進路相談
 から子供との付き合い方
 の相談までお話を聞いてくれます。
 栗山 葉湖先生 

*矢野 惣一先生の
 メルマガは、
 登録させていただいて
 もう何年になるでしょうか。

*カウンセラーさんとは
 違いますが、
 お世話になった
 子供のメンタルクリニック
 で、私が利用させて
 いただいている先生は。。。
 こどもメンタルクリニック芝

発達障害やそれに似た
 症状のお子さんが
 困りごとを相談しながら
 社会へ出られるように
 フォローしてくれます。

 お子さんへ投薬に抵抗が
 あるけれども、医者へかかりたい
 困りごとの相談にのってもらいたい
 という方は、こちらの先生は
 お勧めです。
(東京の方に限ってしまいますが)

教育相談室で
カウンセリングを
受けるようになってから、
引っかかるキーワード
が出てきました。

『毒親』
『アダルトチルドレン』

です。
面白いことに、
うすうすひっかっかっても、
自分がそうだとは
なかなか思わないんですね。

本を読むと、自分一人で
気が付くことは

ほぼ無理

と書かれていました。

自分の中にある
当たり前の範疇の中
でしか物事を考えられない
からです。

でも、私は、
カウンセリングを受ける
事により、少しづつ視野が
広がってきていました。

少しづつ、当たり前を
疑問に感じるようになりました。

すると不思議なことに
無意識に選ぶ本が、
検索する内容が、

アダルトチルドレンや
毒親

といったことに
つながっていってしますのです。

この頃
本屋で手にし、
読んだ本が

「母と子」という病
著 高橋 和巳

でした。
高橋先生が関わってきた
患者さんとの
カウンセリングの
やり取りが書かれています。

カウンセリングでは
自分の考えになかった
新しい視点で考える
というきっかけが
与えられます。

自分を変えるというよりは、
もしあなたの中に
こういう視点が入った
としたら、
あなたはどう考えますか?
というやり取り。

そこには正しいも
間違っているも
なく、
あなたはそういう風に
考えたり感じたり
する人なんですね。
という関わりです。

どんなカウンセラーと
やり取りするかで
視点のとらえ方が
変わってくるかなぁと
思うので、
患者の立場からいうのも
なんですが、
視野が広い先生と出会える
事、成功体験の多い
先生と出会えると
ラッキーかなぁと思います。

そういった意味で、
私は、この本を読んで
すぐに
高橋先生にお会いしたい
と思いました。

息子が食べられない事も
気になりますし。。。

(我が家の息子は、
全く食べられないとか
食べると吐くという事では
ありませんでしたが、量が
少なく、あまり食べられない
という状況ではありました)

行動力が早いといいましょうか、
思い立ったらやらずには
いられない。。。
といいましょうか、

すぐに高橋先生 
カウンセリング
と検索すると。。。
ありました。

東京でメンタルクリニックを
開いていらっしゃいます。

ついでに検索すると
高橋先生は
不登校児のために
いろいろな活動も
されていらっしゃる
ようでした。

メンタルクリニックへ
電話すると予約は
受け付けてくださいました。

でも、予約は。。。

なんと!4年後

それでも私は、
予約。取りました。

今すぐカウンセリングを
受けたい気持ちを抑え、
それでも高橋先生に
一度お会いしたい
と思い、

予約、入れてみました。

予約の1か月前に確認の
電話をくださるそうです。

まだ来ていません。

待ちます。

お読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事